読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P) SE 6 1発合格

Java

タイトルの通り、Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P) SE 6 の1発合格方法です。

 

本試験は、Javaプログラマの登竜門の位置づけであり、基本的な内容ばかりです。

 

現在は、Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)の部分が細分化され、Bronze,Silver,Goldが新設されていますが、複数回テストを受けるのは面倒なので、「Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P) SE 6」の受験をおすすめします。

資格の価値は、 「OCJ-P = Gold SE 7」と考えてもらってOKですので。

 

勉強時間と利用したテキストは下記の通り。

- 勉強時間:25時間

- 使ったテキスト:通称紫本と黒本

SUN教科書 Javaプログラマ(SJC-P) 5.0・6.0両対応(試験番号310-055、310-065)

SUN教科書 Javaプログラマ(SJC-P) 5.0・6.0両対応(試験番号310-055、310-065)

 
徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 6問題集 [CX-310-065]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 6問題集 [CX-310-065]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

 

 

テストは、多くのプログラムを読まなければならないので、やや疲れます。

人間デバッグ的な問題も多く出題されるので、細かい点までもチェックしなければなりません。一種のSEの性格診断かと思ってしまうほどです笑。

 

テスト問題は、問題集の内容を把握しておけば、問題なく解けます。

問題を覚えるというよりは、どのような観点で出題されるのかといった点を把握しておくことが大切なテストです。

 

 Javaの基本的な部分の復習と体系的な学習を目的にしている方には、おすすめです。

市場価値は全くありませんが、Javaを利用するなら受けてみてはいかがでしょうか。

 

LPIC-3 Core 1発合格勉強方法

LPIC

今回はLPIC-3 Coreの合格方法です。

 

LPIC-3 Coreは下記の1つだけパスすれば取得できます。

・LPI 301 Core Exam

 

勉強時間と利用したテキストは下記の通り。

- 勉強時間:20時間

- 使ったテキスト:通称あずき本&黒本

Linux教科書 LPIC レベル3

Linux教科書 LPIC レベル3

 
徹底攻略LPI問題集 Level3 [301/302]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略LPI問題集 Level3 [301/302]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

 

 

LPIC-3 Core の難易度は、LPIC-2 よりもはるかに難しいです。というより、わからない用語が多過ぎで、テキストもスムーズに進みませんでした。

ですので、ひとつひとつ調べながらの作業が必要になるかと思います。

とはいえ、所詮はテストなので、「問題からポイントを押さえること」を常に意識することが大切です。

 

LPIC-3までくると、そろそろモチベも下がりつつあるかと思いますが、「これを取ったら一応はLinuxの基礎は知ってます」と言えるので、気合いで乗り切ってください。笑

 

LPIC-2 1発合格勉強方法

LPIC

LPIC-2の1発合格方法の紹介です。

 

LPIC-2を取得するには下記2つの試験をパスする必要があります。

(一度に受験する必要はなく、別々に受験することができます)

・201試験: LPI Level2 Exam 201
・202試験: LPI Level2 Exam 202

 

勉強時間と利用したテキストは下記の通り。

- 勉強時間:40時間(それぞれ20時間)

- 使ったテキスト:通称あずき本&黒本

 

Linux教科書 LPICレベル2 第4版

Linux教科書 LPICレベル2 第4版

 
徹底攻略 LPI問題集 Level2 [Version 3.5]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略 LPI問題集 Level2 [Version 3.5]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

 

 

難易度は、LPIC-1と同じくらい。

ただ、まとまった時間を確保できなかったため、結果としてLPIC-1よりも時間を要することになりました。やはり、まとまった時間で短期集中がベストですね。

 

SEとしては、LPIC-2の知識くらいは持っておいた方が良いのではないかと思います。

実際に手を動かすことはない方でも、用語とその意味くらいは理解しておかないとコミュニケーションとれませんからね。

円滑なコミュニケーションを取るには、前提知識は必須です。用語がわからん、ってことになるとその時間がもったいない。前提知識はマナーです。

 

LPICは、レベル2までで終わりに使用かと思ってたのですが、

ただの興味からレベル3も取得することになります。

レベル3のエントリは次回書きます。

 

LPIC-1 1発合格勉強方法

LPIC

今日のエントリは、LPIC-1です。

 

この試験は、下記の2つをパスする必要があります。

①101試験: LPI Level1 Exam 101

②102試験: LPI Level1 Exam 102

 

合格方法は下記になります。

 

- 勉強時間:30時間(それぞれ15時間)

- 使ったテキスト:通称あずき本&黒本

Linux教科書 LPICレベル1 第4版 (CD-ROM付)

Linux教科書 LPICレベル1 第4版 (CD-ROM付)

 
徹底攻略 LPI問題集 Level1 [Version 3.5]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略 LPI問題集 Level1 [Version 3.5]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

 

 

Linuxについては、大学の授業で軽く触れた程度であったため、教科書→問題集の方法を取りました。

 

まずは、あずき本で全体概要を把握します。各章の問題よりも章末問題が◎です。

隅々まで理解しようとするのではなく、「用語に慣れる」イメージでOKです。

 

本格的に取り組むべきは、問題集の黒本。これを完璧にすれば必ず合格できます。

 

実践的なスキルも身につけたい人は、コマンドを叩きながらテキストを進めるとよいかもしれません。私は、手っ取り早く試験をパスしたかったので、机上勉強のみで乗り切りました。

 

SEの第一歩としては受けてみることをお勧めします。

 

 

 

 

オラクルマスターゴールドDBA11g 一発合格勉強方法

オラクル

今回のエントリは、オラクルマスターゴールドDBA11gの一発合格体験記になります。

 

- 勉強時間:30時間

- 利用したテキスト:通称白本

 シルバーでの的中率の高さに驚き、ゴールドでも利用しました。ゴールドでもものすごい的中率でした笑

 

ゴールドは約800ページという分厚い本であったため、効率を意識し、

いきなり問題から着手し、ほぼ解説を読んで理解する方法をとりました。

 

内容は、オラクルが提供するツールの利用方法であったり、バックアップの取得についてが主になります。

(暗記がメインであったため、シルバーを勉強しているときの方が楽しかったというのが本音です。)

 

暗記メインのテストなので、短期集中で取り組んだほうが良いでしょう。

実際、私も2週間集中※で勉強し合格しました。

※ちょうど仕事が忙しかった時期であったため、夜0時からテキストを開く、という日々でした。

 

「いつやるの?今でしょ!

 

もはや死後になりつつある語ですが、この言葉の威力は凄まじいものがあると思います。

目標を決め、毎日少しでも良いから取り組む、といった姿勢はやっぱり大切ですね。

オラクルマスターシルバーDBA11g 一発合格勉強方法

オラクル

今日のエントリは、オラクルマスターシルバーDBA11gの一発合格体験記です。

 

- 勉強時間:20時間

- 利用したテキスト:通称白本

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Silver[Silver DBA11g](試験番号:1Z0-052)完全詳解+精選問題集 (オラクルマスタースタディガイド)

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Silver[Silver DBA11g](試験番号:1Z0-052)完全詳解+精選問題集 (オラクルマスタースタディガイド)

 

 

ブロンズまでは黒本問題集を利用していましたが、「オラクルシルバーは白本が良い」との情報を入手したので今回はこっちを利用しました。

(※試験の情報は、「みんなの受験記」というサイトから入手。)

 

勉強方法は、

例に習って、「各章の問題を解く」→「わからない点はチェックを入れておき2週目で再挑戦」→「章末問題で演習」の流れです。スピード感を持って取り組むことが吉です。

 

試験を受けた感想としては、

「白本の的中率がハンパない」ということ。白本を完璧にしておけば、100%合格できます。(私は、得点率85%で合格しました。)

 

2週間集中して取り組めば、問題ないでしょう。

 

オラクルマスターブロンズDBA11g 一発合格勉強方法

オラクル

今回は、オラクルマスターブロンズを取得するために必要な「オラクルマスターブロンズDBA11g」についてです。

 

- 勉強時間:20時間

- 利用したテキスト:通称黒本

徹底攻略 ORACLE MASTER Bronze DBA11g問題集 [1Z0-018J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略 ORACLE MASTER Bronze DBA11g問題集 [1Z0-018J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

 

 

- テキストの利用法:

勉強方法は、基本的に「オラクルマスターブロンズSQL基礎Ⅰ」と全く同じ。

まずは各章をさらっと目を通す。→章末問題を実施。→試験直前に、チェックをつけておいた問題を確認。

 

「テキストを読んでから問題を解くよりも、問題と解説をセットで覚えてしまう」というのは、試験では鉄則ですね。効率良く試験を突破できた記憶があります。

 

試験に受かるのが目的なら上記だけでOKですが、

もう少し知識を増やしたいというお方は下記の本が非常に秀逸。

試験勉強の気分転換として読むものありだと思います。

絵で見てわかるOracleの仕組み (DB Magazine SELECTION)

絵で見てわかるOracleの仕組み (DB Magazine SELECTION)